銀行の方が金利安い理由

お役立ち情報

一般的に銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンでは、銀行系カードローンの方が金利が安くなっています。

なぜ同じようにお金を貸し出すのに銀行の方が安くすることができるのかというと、基本的に金利が安い銀行系カードローンは使える人を限定して、厳しい制限を設けているからです。

一般的に銀行系カードローンの審査は厳しく、誰でもが使えるというわけではなく、正社員で安定した給料を得ている方が対象となっていることがほとんどです。

場合によってはパートやアルバイト、専業主婦向けのローン商品もありますが、そうした方の申し込みが可能と事前に案内されていないような商品の場合は、安定した収入の見込める正社員に利用者が限定されている可能性が高いといえます。

また正社員であっても年収や勤続年数など独自の基準を満たしていなければ、審査の過程で落とされてしまうこともあるなど、カードローンによってはかなり厳しい審査を設けているところも珍しくありません。

このようにして利用対象者を絞り込むことで安い金利を実現しているのです。
一方、消費者金融は借入に対して、ある程度の融通がきくこともあり、その分、損をしないように高い金利にしていることが多いのです。

関連記事一覧