おすすめ返済方法

豆知識

カードローンの金利は日割りで計算されています。そのため少しでも早く返す方が、少ない利息で済みます。
多くのカードローンが、予定の返済期日より前に返済できるようになっています。
手持ちのお金に余裕がある場合は、返済期日より前に返済する方が、返済の合計金額を低く抑えられます。逆に返済期日を守らないと、延滞金が発生します。
また返済には、口座による自動引き落としや専用ATMを利用する方法があります。
自動引き落としの場合は、うっかり返済期日を忘れてしまうという心配がありません。
忙しくて専用ATMの設置場所に行けない時でも安心です。
ただし通帳に記入した際、記録されます。
その点、専用ATMやコンビニATMを利用する場合であれば、通帳に記録が残る心配はありません。
その代り、期日までにATMまで行く必要がありますので、多忙な人は注意が必要です。
しかしコンビニATMを利用できるカードローンなら、早朝や深夜でも返済可能です。
銀行カードローンや大手消費者金融の多くが、コンビニATMに対応しています。
その他、スマートフォンなどでネットバンキングを利用する方法もあります。
どの方法を選ぶ場合も、自分のライフスタイルを考えて決めると良いです。

関連記事一覧

SQLSTATE[HY000]: General error: 1 no such table: Link