住宅ローンの流れ

豆知識

住宅を購入したり、リフォームを行う際に、殆どの人は銀行や信用金庫で住宅ローンを組んで購入資金を調達しますが、実際に融資が行なわれるまでの流れはどのようになっているのでしょうか。

住宅ローンによる融資を受けたい場合、建売や中古住宅の場合は購入申し込みをした後に、新築住宅の場合は土地の購入を申し込んだ後に事前審査を受けておきます。ここで融資が可能であると判断されれば本審査を受けることができます。

事前審査を受け終えた後は、物件の売主との交渉をすすめて売買契約を締結し、その後住宅ローンの本審査に申し込む流れになります。
締結する売買契約の内容には必ず住宅ローンに関する条項が含まれており、契約書に記載された期日までにローン契約を締結できなかった場合は売買契約は白紙に戻されます。本審査は事前審査より時間をかけて行なわれるため、買主は売買契約締結後すみやかに住宅ローンの本審査への申し込みを行う必要があるでしょう。

ローンに関する金銭消費貸借契約は本審査通過後に締結されますが、実際にローンの融資が実行されるのは、建売および中古住宅の場合は物件が売主から買主へ引き渡される日で、新築住宅の場合は土地の引き渡し日と住宅が完成した日です。
融資されたお金が買主の銀行口座に振り込まれる際には、代金の支払いや各種不動産登記も同時に実行され、すべて完了した段階で取引成立となります。

関連記事一覧

関連リンク

  • 矯正歯科 京都

    ホワイト歯列矯正ならアルデブラン・デンタルクリニック京都院。白く目立ちにくい表側の歯列矯正です。目立たない、治療期間が短い、来院回数が少ない、痛みが少ない、診療時間が短い、仕上がりがきれいといったメリットが特徴です。

    www.kyouseishika-kyoto.jp/