与信

や行, 用語集

与信とは、取引相手に「信用を供与すること」です。
先に代金を受け取る前受取引や、納品と同時に現金を受け取る現金取引のみで取引を行えば、 債権が焦げ付くことはありません。


しかし、企業間における取引は、取引が頻繁かつ継続的に発生するので、都度現金を受け取るのは効率的でない場合が多くあります。
そのため、取引先に信用を供与することで、商品や製品を納品した後に、またはサービスを提供した後に代金を受領する「与信取引」を行うことになります。


与信取引を行うと、将来、販売代金を現金で回収できるかどうかは確実ではなく、取引先が代金を払えず回収できないかもしれないという「不確実性(リスク)」を常に伴うこととなります。
したがって、リスクを継続的に管理することで回避・低減させる必要があります。
取引先の情報を収集・分析することにより、取引先の信用力やその動向を予測・分析しながら、取引額を調整し、損失を抑えながら販売代金を回収できるよう管理すること、すなわち「与信管理 」が必要となるのです。

関連記事一覧