上限金利

さ行, 用語集

消費者金融の法定金利(上限金利)とは、金銭の貸借契約、つまり貸出・借入をする際に、法律で定められた上限金利のことです。

分かりやすく言うと、「お金を貸す際にはこの金利を超えてはいけませんよ」という、法律上決まっている金利です。

法定金利(上限金利)とは、利息制限法・貸金業法という法律の上限金利を指します。

関連記事一覧

SQLSTATE[HY000]: General error: 1 no such table: Link