元利均等返済

か行, 用語集

元利均等返済(元利均等返済方式)は、ローンの返済方式の一つで、毎回の返済額が全期間同じになる返済のことをいいます。


これは、元金と利息を合計した返済額が常に一定であり、最初のうちは返済額に占める利息の割合が大きいため、元金はなかなか減りませんが、時間の経過と共に段々と利息の割合が減って、元金の割合が高くなるという仕組みになっています。

一般に元利均等返済では、最終返済日まで毎回の返済額が変わらないため、計画的な返済がしやすいといった特徴がありますが、その一方で元金の返済が早く進む「元金均等返済」と比べて、総返済額(=元本+支払利息)では大きくなります。

関連記事一覧

関連リンク

  • 非常用発電機 負荷運転

    非常用発電機の負荷運転は、日本エナジーカンパニーをおすすめします。資格保有者による点検が必要な防災設備。JECでは、高い技術と最新設備とともに対応しています。安心安全の点検を。いつでもお気軽にご依頼ください。

    tec-jp.com/