効果的な返済スケジュールの立て方

豆知識

効果的な返済スケジュールの立て方としては、いつ何をどうするということを明確にするようにします。
そして、それをカレンダーに記載していくといいでしょう。
単にいつ返済するということだけではなく、返済するお金をいつでこどでどうやって得るのかということを書いていくようにするのです。

こうすることで、返済の日にお金がなくて困るということを防ぐことができるようになります。
お金がないというのは、その返済の日に問題があるのではなく、それまでの行動に問題があるわけですから、その問題が起きたときにすぐに分かるようにするというのがコツです。
それがカレンダーに記載しておく理由です。

ここで重要なのは、何をいつどうするのかということを明確にしておくことです。
単にこの日が給料日というのではなく、この日にいくらのお金が入るのかということを明確にしておきます。

そして、それがなんらかの問題で達成できていない場合には、その問題が起きている時に、カレンダーに記載して、別の方法を考えるようにします。
こうすることで、効果的にお金の問題を解決していけるようになります。
問題は起きたときに解決するのが最も効果的で後回しにすればするほど解決策は困難になります。

関連記事一覧