事業者カードローンについて

豆知識

カードローンの上手な使い方は、必要な時に応じて借りる額を調整することです。
カードローンはATMで銀行預金を下ろす感覚で借り入れることができるため便利ですが、その影響で使いすぎてしまう傾向にあります。
しかし、そうやって自由に借入をしているとあっという間に上限に達してしまい、支払いが大変になります。
金利は高めに設定されているため、借りすぎた場合の返済額は大きくなります。そのため、適度な範囲で計画的に利用するのが上手な使い方といえます。

自制するのが難しいという方は、必要な時だけ利用することができるよう、常に持ちあるかないのがおすすめです。財布の中にカードを入れいれば、いつでもお金を借りることができてしまうため、自制するのが難しくなります。
その点、入れていなければ物理的に引き出しようがないため、使いすぎることを防ぐことができます。

また、余裕があるときは適宜返済をするというのも上手な使い方です。多くのカードローンは、ATMから随時借入金の返済をすることが可能となっています。
当然ですが、早く返せばその分金利は少なくなります。それは最終的な返済の負担を軽くすることを意味しますので、賢い方法といえます。

関連記事一覧

関連リンク

  • 矯正歯科 新宿

    他人に気づかれない”インビザライン”で歯列矯正を始めませんか?世界で400万人以上が利用している人気の治療。ワイヤー矯正は恥ずかしい…という方に特にオススメです!

    kyouseishika-shinjuku.tokyo/