銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いについて

豆知識

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いは、総量規制が適用されるかどうかの違いです。
消費者金融は貸金業法という法律に基づいて融資が行われるため、総量規制(貸付残高の総額は本人の年収の1/3まで)が適用されます。
このため、収入が少ない人や専業主婦は消費者金融からお金を借りることができません。
これに対して銀行カードローンは銀行法という法律に基づいて融資が行われているので、総量規制が適用されません。
このため、銀行カードローンの多くは本人の収入がゼロの専業主婦でも利用することができます。

他にもサービス面で違いがあります。銀行カードローンの多くは金利が最高でも年率14%台と低めに設定されています。これに対して消費者金融カードローンは、利息上限法に近い高い金利(100万円未満の融資であれば年率18%)が適用されます。一般的にローンは金利が低いほど審査基準が厳しくなるので、金利の高い消費者金融の方が審査が緩くなります。

返済方法にも違いがあります。大手消費者金融カードローンでは繰上返済をすると、翌月の返済日まで返済をしなくても済む場合がほとんどです。これに対して銀行カードローンでは、返済日よりも前に繰上返済をしても、その月の返済日にも返済をする必要があります。

消費者金融カードローンは金利が高く設定されていますが、審査に通りやすいこと、銀行よりも自由に返済ができるという特徴があります。

関連記事一覧