リボ払いでも損しない方法ってあるの?

豆知識

クレジットカード払いで品物を購入したり、サービスを受けた場合、利用金額が高額になればその分支払額も高額になります。
しかし、リボ払いは高額の買い物をしたとしても、支払金額は一定金額以内の利用であれば、増えるということはありません。
ただし、支払い回数は多くなるため、利息の支払い額が多くなり、分割払いをするよりも損をしてしまうことが多いようです。

では、リボ払いでも損をしないという方法はあるのでしょうか。
これは、支払い回数を少なくするということです。具体的には、繰り上げ返済をすることにより、支払い回数を少なくすることが出来ます。少ない金額でも繰り上げ返済をすることにより、発生する金利手数料を少なくすることが出来ますので、支払い負担を軽減させることが出来ます。
また、お金を用意する方法として、カードローンを利用するという方法があります。
カードローンでお金を借り、その借りた金額でリボ払いを完済し、今度はカードローンの返済を行うという事になります。
カードローンの方が金利が低く設定されていることが多いため、同じ金額を返済していたとしても返済額は少なくて済みます。
カードローンで借りたお金は、あくまでもリボ払いの返済用のみに使用するようにしましょう。

関連記事一覧