ブラックにならないために

お役立ち情報

ブラックにならないためには、3つのポイントを抑える必要があります。
延滞をしない、債務整理をしない、多重申込みをしないの3つです。

どれも普通に利用をしていれば引っかかるようなことはありませんから、気をつけていればブラックになることはありません。
まず、延滞をしないですがこれにも程度問題が有り一度か二度1-2日返済が遅れてしまって、直ちにブラック入りしてしまうということはありません。

ただし、これが数ヶ月にも渡ったりすると延滞の記録が信用情報機関に登録されてしまうので、ブラック入りをしてしまうのです。
次に債務整理をして借金を支払わなかった、あるいは満額払うことがなかったというのも信用情報機関に情報が登録されてしまい、以降7年間は借金をするのが難しくなってしまいます。

短期間にあまりに多くの業者から借り入れをしようとするのもブラックリスト入りしてしまう原因の一つとなり、注意をしなければなりません。

多重申込みの情報というのは半年で消えるものであるため、そこまで深刻なものではありませんが申込みをしすぎても審査が通らなくなってしまうということを知らなければ、いつまでたっても融資が受けられないということもあるので注意をしましょう。

関連記事一覧