カードローンで在籍確認って本当にあるの?

お役立ち情報

カードローンでは基本的に在籍確認は必ずされますが、気がつかないという人も多いようです。 勤務先への電話では、「山田と申しますが、佐藤太郎さんはいらっしゃいますか?」というように電話がかけられて、本人がその場にいるなら本人とかわって確認がされます。 しかし、本人がいない場合でも、「佐藤はただいま席を外しています」などという返答がきたら、本人が在籍しているということがわかるので、そこで在籍確認は完了します。 その後、山田さんから電話があったということが伝わらなければ、気づかないままとなるでしょう。

カードローンでは、契約者が働いていて給料収入などを得ているということが重要になるので、ほぼ必ず在籍確認はあります。 本人が働いていれば万が一借金を返してくれなくなっても、給料の差し押さえなどをしてお金を回収することができます。

派遣社員やアルバイトの場合などには、電話があったとしても本人に伝わらないことも多いようです。 しかし、「山田と申しますが、佐藤太郎さんはいらっしゃいますか?」といった電話を受けた事務員の人が、金融機関からの在籍確認の電話であることを察してうまく対応してくれているので、心配する必要はないでしょう。 最近ではクレジットカードなどはだれでも利用をするので、このような電話があったとしても怪しまれる心配は少ないです。

関連記事一覧